任国外旅行マレーシアKLへ

今回の旅行は一人旅。初めの海外旅行だ。今回の協力隊の目標である一つの一人で行動に移せるようになるっていうのは、すでに達成できていると感じる。

クアラルンプールいわゆるKLはマレー語が使われており、訓練所で学んだインドネシア語もほぼ同様に通じるようだ。

イメージとして、肌の色、宗教、食べ物と、様々な文化が混ざっており、生活しやすい国というイメージだ。

実際に行ってみると、上記の文化の融合面では歴史も感じることができ、観光も交通手段が発展しており、効率良くポイントを押さえて回ることができた。

今回行った場所はこちら。

■4/27(金)マラッカ、吉野家

■4/28(土)バトゥ洞窟、旧国立モスク、現代美術館、KLタワー、ツインタワー

■4/29(日)ブルーモスク、ピンクモスク

 

初日のマラッカは歴史を感じる文化の融合点。現代的なおしゃれなカフェもたくさんあった。夜は吉野家で牛丼。日本と変わらぬ味に舌鼓。ジョグジャカルタに行ったときも感じたのだが、日本食のお店を探す時間がとても幸せ。たいてい大きいデパートの中に店舗があるのだが、そこに入り、無駄にウインドウショッピングの無駄な時間を過ごし、店を見つけたときの嬉しさといったら何もにも変えがたい。ちなみにこのデパートには吉野家の他に銀だこ、ラーメン、定食屋、うどんやと沢山入ってた。

二日目。バトゥ洞窟はディープカーブという別料金のコースがとてもおすすめ。この旅で一番の見どころ。よく写真で見るツインタワーも迫力満点。

三日目はモスク三昧。イスラムの服も無料で貸し出してくれて、大きい建物と、イスラムの幾何学的なデザインがカッコよかった。ピンクモスクが少し交通の便が悪かったので、時間がある方にオススメです。

マラッカ
マラッカ
バトゥ洞窟
バトゥ洞窟
ダークカーヴ
ダークカーヴ
ブルーモスク
ブルーモスク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です